トップKOF13プレイヤー・Misterio氏インタビュー in オロチナギ.com

KOF13世界最高峰の一角であるMisterio氏.昨年までの活躍とは打って変わって,今年は「神月かりん」を使ってストリートファイターVのトーナメントに挑戦しています.

そんな彼について,所属チームの一つであるオロチナギ.comがインタビューを行っています.

Misterio氏が現在の活動,ストV,そしてKOFとの関わりや将来について語ります.

※6/23 KOF13TOP5プレイヤー部分を追記

Misterio2.jpg

※画像はいずれも本文より転載

元記事:Brook.Misterio on KBrad, Best Plays, Interview

http://www.orochinagi.com/2016/06/interview-brook-misterio-kbrad

Misterio.jpg

私たちはMisterio氏にインタビューすることができた.多くの人がたくさんの訊きたいことがあったのはわかっているが,整うまで待たねばならないことがあったんだ.でも最終的に準備が完了したことはとても喜ばしい.インタビューの後にはMisterio氏のベストプレイ集の動画がある.このインタビューでは彼は現在のスポンサーについて,ストVやKOF13での海外プレイヤーとの経験,そしてそれぞれのTOP5プレイヤーについて訊いている.

―Brook社*1とはなにがあったんです?スポンサードされたのですか?

「はい,Brook社にスポンサードしてもらっている.そのことはとても嬉しいし,彼らも私とつながりが持てて良かった.この機会と彼らが私を信じてくれることにとても感謝している.」

(*1:周辺機器メーカー.旧式のアーケードスティックをどのハードにも対応できるような変換器や変換基板等を販売していることで有名.)

―あなたはストリートファイターV(*使用キャラ:かりん)をやりこんでいるようですが,現状はどんな感じですか?

「ストVにはとても満足している.たくさん学ぶことも磨かねばならないこともあるし,いいゲームでもある.多くの競技者がプレイしているし,KOFプレイヤーがストリートファイターでもうまくやろうとするのはいいチャレンジだ」

―KOFをプレイするのはもうやめたのですか?

「競技者としてはやめたけど,KOF13はいまだに僕の血脈の中にあるよ.僕にとっては今のところ最高のゲームだからね.実際,コロンビアのトーナメントではWill2pacやJeiwa相手にSFVは10マッチ程度しか野試合してないけれど,KOF13は各地のプレイヤーとだいたい200マッチはやっている.僕はまだ強いよ(笑).でも4ヶ月前のトーナメントを最後に大会ではプレイしてないね*2.」

(*2:直訳すると,「4ヶ月前のトーナメントを最後にプレイしていない」となるが,前述のコロンビアでのカプコンプロツアーイベントが6月5日に行われており,野試合はやっているので,SFVが出た2月のトーナメント以降大会には出ていない,と解釈している)

―最近,あなたはトーナメントに出て勝ったり負けたりしているようです.先日はKbrad選手に次いで準優勝でした.もっとそのトーナメントについて教えて下さい.

「アメリカのやり方は完全に異なっていて,コロンビアでのトーナメントが僕にとってアメリカ,アジア,ヨーロッパのプレイヤーと対戦する初めてのトーナメントだったんだ.正直に言えば,自分が勝てたとは思っていない.Kbradはとても強く,彼は多くの点で僕を上回っていたし,真に結果を決定づけたのは,彼がおそらく業界でもっとも強いかりん(ジャスティン・ウォン)と練習していたからだろう.僕にとってはキャミィみたいなキャラと対戦するのは2回目程度だったんだ.」

―次は倒せると思いますか?

「みんなのためにベストをつくすよ」

―KOFならボコボコにできた?

「ハハハハ!KbradをKOFで(笑)?賭けが成立しないよ」

―真面目な話をすると,あなたはなぜストVをプレイしているのですか?お金のためですか?

「大会のため,プロプレイヤーとしての成長のため,お金のためだね.ストVが出てから南米ではみんながKOF13をプレイするのをやめている.そして僕は完全に自分が知らない分野で自分の実力を証明してみたかったんだ.」

―いくらかのプレイヤー,ときど選手も含めて,KOF13をやめてストVに専念しています.あなたも同じですか?

「実際,同じだ.新しいゲームらに関連したたくさんのプロジェクトがあるし,それを達成するためにも強くならねばならない.だからストVに専念してるんだ.でもそうは言っても,なにがしかKOFをプレイする機会があれば参加している.KOFをプレイすることはとても幸せなんだ.」

―将来のプランはどのようなものですか?

「プロゲーマーとして認知されたい.プレイすると決めたゲームでいい結果を残せるプレイヤーだと認知されたい.そして全てがうまくいったなら,プロゲーマーとしてのキャリアをつくって,僕が好きだと思うもので暮らしていけるようになりたい.」

―でもコロンビアのトーナメントでKOFには出場しませんでしたね?

「しなかった.今年はKOF13を大会に向けて取り組むのはやめよう,と個人的な決断を下したんだ.その後,僕はたくさんのKOFに関する誘いをいただいた.パキスタンからも招待が来た.でも僕はカジュアルにしかプレイしてないし,もしいずれかのトーナメントに参加することを決めて,勝ったとしても,それでは一貫性がない.ただ,僕はいまだにKOFを愛しているし,僕と対戦したがった各地のプレイヤーとは対戦することにしている.(コロンビアの)KOF部門のチャンピオンなんて,トロフィーを持ってきて言うんだ,『出場しないでくれてありがとう』って.二人して笑ってしまったよ.」

―KOF14のキングについてどう思いますか?

「多分,KOF14ではキングは使わないよ.彼女の顔はおばさんのように見える.整形をいっぱいした,ね(笑).それに関わらず,14のキングは空中ベノムストライクを持ってない.アテナを続けることは決めたので,それに新しいキャラクターを試すよ」

(※追記部分1)

「(32キャラ版を見てから)ムカつくね.クライマックス超必殺技のイリュージョンダンスには無敵がない.なんてこった!KOF2000以来,たった1ゲージ使えば,イリュージョンダンスは全部無敵だった.いままでで最高の超必殺技だったのに.いまやクライマックス必殺技でありながらとても弱い..」

―KOF14はより多くの人に訴えると思いますか?

「『余計なものがないほうがいい』ということわざがある.おそらく,より多くの人が興味を持つようにゲームを簡単にしたのだろう.新規のプレイヤーがKOF14をプレイするには長年にわたるKOF歴は必要ないって思えるようにね.」

―最後に,ストVでトップ5に入るプレイヤーは誰ですか?

「ゲームはまだ新しいし,トップ5を決めるのはまだ早い.でも国際大会での成績を考慮するから…Infiltration,ときど,ふ~ど,ジャスティン・ウォン,ももちがトップ5になるだろうね.彼らのゲームスタイル,決断力,精神力にはとても感銘をうける

そしてKOF13のトップ5は…

(※追記部分2)

ときど,Misterio,シャオハイ,ET(4位),Madkof(5位)だね.

個人的にプレイヤーはいくつかの分野で抜きん出ることで優れたものとなる.実行力,対応力,決断力,プレッシャー,間合い管理などの面で.

そして,僕が挙げたトップ3人はみんなこれらの分野がパーフェクトで,プレイヤーによっては一部の分野でより強かったり,キャラクターに頼っていたり,下した決断によったりして,結果勝利している.それがなぜ,ときどがシャオハイに負け,シャオハイは僕に負け,僕がときどにトーナメントで負ける三すくみになっているかの理由だ.

僕はときどがデュオロンでやりたいことを検証したが,僕がキングでやっていることととても似ていた.どちらもたくさんプレッシャーがかけられるし,使うのがとても難しいキャラを使っている.とてもリスクが高いという意味で.例えば,デュオロンやキングが暴れつぶしを仕掛けたとして,それは250ダメージになったとしよう.でも暴れつぶしを仕掛けようとしたら相手キャラのすぐそばにいなければならないし,もし何かミスをしたなら,それこそたった1フレームミスっただけでMr.カラテはしゃがみAを,庵はしゃがみBを当てて400ダメージを取られるんだ.

印象的なのは,プレイヤーにキャラクターを100%マスターして強くする能力があるとき,そのキャラが明らかに弱い分野でも強さを発揮することだ.デュオロンとキングは接近戦では強くないので,遠距離戦で戦わねばならない.だが我々が持っているテクニックは近距離でも相手にキツく感じさせるし,遠距離では言うまでもない.そして対戦相手が戦略に対応しようとしたり,カウンターを待ち構えてようと決断すると,彼らの体力ゲージはゆっくりと消えていくんだ….」

ベストプレイ

Misterioのベストプレイ集がこちら.この成功をKOF14でも得られるのだろうか?見なければならない.まずはこれらのプレイ,二択,読みを見て欲しい.このすごさよ,そしてMisterioが我らがKOFコミュニティの一員であることを誇りに思う.彼が遊ぶゲーム,そのどれでも偉大なプレイヤーであって欲しいと思う.

もしあなたがBrook社の変換器について迷っているなら,Misterioやコミュニティの他のプレイヤーが話している動画がこちらに:

追伸:Misterioはいまだにチームオロチナギの一員です(^-^)


世界最高KOF13プレイヤーの一角,Misterio氏は今年は精力的にストリートファイターVをプレイしており,かりんを使用してカプコンプロツアーランキングでも12位(※2016年6月22日現在)に食い込んでいます.

周辺機器メーカーのBrook社からもスポンサードされ,プロゲーマーとしてのキャリアを積み上げていかれるようです.今後の活躍にも期待ですね.

KOF13トップ5プレイヤーなどなかった…

※KOF13トップ5プレイヤーに関する記述を追加しました.一応,言い訳させてもらいますと,元記事が掲載された直後は,該当部分は書かれていませんでした.オロチナギ.comでは時々あることですが,そういうオチだと思っていたので油断していました(◞‸◟)

icon_021_king

RIP…

king

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。