【追記あり】KOFXIVの5.5フレームのラグについてオロチナギ.comが解説+先行入力について

EVOが終わり,KOFXIV(KOF14)体験版が配布開始されました.

そしてはやくもその体験版を用いてシステムの分析が行われ始め,以前の記事でもちょこっと出てきていたMikeZ氏がKOFXIVのラグを報告し,KOFコミュニティで波紋を呼んでいます.

今回,orochinagi.comさんでは,そのラグ(入力遅延)について簡単に解説する記事が書かれていたので,これを訳することとしました.

 

 

※7/24:追記あり

元記事:5.5 Frames Lag Explained #KOFXIV

http://www.orochinagi.com/2016/07/5-5-frames-lag-explained-kofxiv

 

 

MikeZ,『スカルガールズ』,Lab Zeroの開発者であるMikeZ氏は以下の様なラグテストの結果を投稿した.

 

MikeZ「KOFXIV体験版の入力ラグテストの結果,Asusのモニター,デュアルショック4:60fps計測で~5.5フレームまでのラグ(遅延)がある*1」

(*1:リンク先のMikeZ氏のブログに行けばわかるように,ボタンと方向キー入力の双方を1080pと720p双方でテストしている.結果として,ボタンと方向キーの入力遅延は正確には一致しておらず,1080Pよりも720Pの方が遅延が大きいことが判明している.また,ボタンと方向キーの入力遅延の違いに関して,MikeZ氏は”they’re the same”と評している.
加えて,Asusモニターによって約1Fの表示遅延が生まれているようだが,これを除いた数字なのかは未確認.)

 

 

でも,これは何を意味するのだろう?我らがシステムとネタのスペシャリスト,Atmaに訊いてみよう.

 

「以前のKOF作品では動作ごとに異なる入力遅延が意図的に用意されており,それは前転やふっとばし攻撃のような同時押し行動を出しやすくするためである.

 

KOFXIIIでは例えば全ての通常技に意図的に,入力途中の段階から4F(フレーム)の追加の遅延が用意してある.方向操作には+1Fの遅延が,必殺技,超必殺技,レバー入れ特殊技は遅延がない.

 

この動画*2が示すのはKOFXIVがそれら(*意図的に設けられていた入力遅延)をすべて捨て去ったということだ.今や残されているのは入力途中の遅延で,MikeZのテストによればそれは5F前後になる.5Fというのは近年の格闘ゲームでは平均的なところだろう.

 

『ストリートファイターV』では3Fの入力遅延が設けられている.少なくとも私が気づいた限りでは3Fの入力遅延が追加されているということだ.

 

カプコンは入力遅延を追加し,SNKはそれを取り除いた.しかし,だからといって入力遅延が全くないのだと混同してほしくはない.」

 (*2:原文中の”this video”がAtma氏の配信を指してのことなのか,彼の投稿している以下の様な動画のことなのかは定かではない.Atma氏はシステムに関する動画を投稿しているのでぜひ一度見てみて欲しい

 

もっと詳しく見ていこう:

 

この「ラグ」というのはなんなの?

 

この場合の「ラグ」は,ボタンを押したり,方向キーを入れたりといった操作をしたときに,ディスプレイ画面に反映されるまでの遅延を指す.これが「入力」遅延である.「画面表示」の遅延とは混同しないで欲しい.

 

5.5フレームのラグだって!?ものすごくラグがあるんじゃないの?

 

5フレームというのはとても一般的だ.『ウルトラストリートファイター4』は5F,『ギルティギアXrd』も5Fだ.

 

入力遅延はすべてのゲームに存在しており,これは有線コントローラーからゲーム機本体を通して画面に表示されるまでのスピードのことを示す.

例えブラウン管を通したゲームであっても入力遅延は存在する.

 

これらの入力遅延には無線コントローラーやオンラインプレイにおけるラグや,ラグいコントローラーや変換器からのラグ,あるいは表示が遅いHDテレビモニターからくるラグは含まれない.

 

では,なんで入力遅延が存在するの?

 

なぜなら,入力された信号はゲーム機なりPCなりの中を駆け巡り,命令処理されて画面に表示されるからだ.

 

KOFXIIIはどれぐらいの入力遅延があったの?

 

私のPC(*スチーム版)におけるカジュアルなテストでは2Fだった.さらに方向キーに+1F(計3F),通常技に+4F(計6F)遅延が追加される.

Xbox 360版においては入力遅延は4Fだったと思う.そこに方向キーに+1F(計5F),通常技で+4F(計8F)追加される.

いまや,それが5Fの遅延だ.意図的な入力遅延は知る限りないはずだ.

 

なぜ,ジャンプや通常技に追加の入力遅延があったの?

 

以前の作品ではバッファ(緩衝)のために入力遅延が用意してあり,技やコンボがスムーズになり,求められる正確性はほどほどになった.

例えば,過去のKOFでCボタンとDボタンを同時に押したとしよう.もし,君が数フレームのずれで2つのボタンを押したとしても,それでもCD同時押し(ふっとばし攻撃)と認識される.KOFXIVになってからは,同じフレームか,1フレーム以内のズレで入力しないと同時押しとは認識されない.意図して追加されていた遅延はもはや切実には必要とされていない.私が知るかぎり,それらは今よりも古いハードウェアやプログラミングの手法で,何年もの間,残されてきた.

 

ということはより正確にしなきゃいけないの?

 

まあ,イエスだね.でももし君が3フレームずらして入力したせいでふっとばし攻撃や前転をミスしたとすれば,それは君の問題だ.ゲームじゃない.

 

このことはネットコードを良くする?

 

少しも関係しない.入力遅延とは別の問題だからだ.この入力遅延は意図的ではない.なにかしようとか,助けるために加えられた遅延ではない.これによって何か変わるわけでもなく,単純にそこに入力遅延があるだけなのだ.

 

Atmaはテクニックを蓄えつづけている.例えば,ジャストガード(仮)*2が9Fの猶予があることを明らかにしており,なぜそれを簡単にできるかを説明するだろう.ただ,ジャストガード(仮)してもゲージ貯めの助けになるだけで,ブロッキングのようにはならないのだが.Atmaのことは@tssatmaでフォローして欲しい.

(*2:正式名称はない.相手の攻撃に合わせて直前のタイミングでガードすると,削りダメージが軽減され,通常よりもゲージがたまるというもの.類似のシステムのように,ガード硬直が減ったり,空中でガード出来たり,体力が回復するなどの特典はない.)

 

【07/24・追記】

(元記事:Combos and Tech #KOFXIV 001より)

TSS Atma「(*KOFXIVでは)入力猶予(先行入力)が通常技に4F,必殺技と超必殺技に13Fある」

 

以上のコラムのアップデートとして,Atmaが4Fの入力猶予を突き止めた.

え,なんだって?

「おいおい,かんべんしてくれ.

このことは意図的な入力遅延や同時押し猶予の事情を変えるものではない.

これが意味するのは,ガード硬直が解ける3F前に通常技のボタンを押していれば,硬直が解けた1F目に通常技が出る(*攻撃判定発生Fとは別)ことになる.

通常技のつなぎも本来より3F早く入力してもいいことになる.」

 

オオオオオウーーーケエエエエエーーーイイイイイ!

 

つまり,ブロックしてる間により早くボタンを擦れるってことだな.最高だ!

(*意図的な入力遅延がなくなって)より正確にプレイしなければならないのに,ゲーム側で許容も認められているのは少し紛らわしいけど,別にどうってことないね.

 


いかがでしたでしょうか.

 

これまで同時押し行動のためについていた追加の入力遅延がKOFXIVでは取り除かれていることに言及されています.

すなわち,例えばKOF13で通常技のボタンを押したとき,

「固有の入力遅延」+「追加4F」

で出ていたところが,KOF14では,

「固有の入力遅延」

のみで出ることがわかっています.

したがって,通常技など一部の行動については,KOF13よりも入力遅延が実質少ないことになります.KOF13ではフレームの上では確定している場合(ガード後-3~4Fの行動に3F発生の近Cで確反を取る時など)でも,あらかじめ通常技のボタンを早めに押しておかねばなりませんでした.14からはそこで反撃を取るのが容易になることでしょう.

また,相手に歩いて密着して近C>6Bとコンボを入れようとしたときに投げてしまう,そういったケースも少なくなるはずです.(はずです)

 

一方で影響を受けるのが,前転やふっとばしなどの同時押しによるシステム技です.

これまでは同時押しが多少ズレても認識されていましたが,14からはズレによる認識猶予が1Fであることが判明しています.

これによって,以前よりも前転などが出にくい,と思われるケースが増えてくる可能性はあります.発動のタイミング等にも関わってくるので注意が必要かもしれません.

一応,横押し(EX必殺技を出すときのA+CやB+Dなどの同時押し)は13と比べると若干緩和されたことになる?

 

また,追加で先行入力について情報が出てきました.

通常技は4Fの先行入力猶予,とこれまでのKOF作品の「4F早く入れないと最速で出ない」から,「4F先に入れておいても最速で出る」と大幅に緩和されていることが判明しました.

必殺技と超必殺技については,押しっぱなし先行入力*3にも関わるところなのでしょうか.超必殺技が暴発しやすかったのはこのせいだったの…か…?

(*3:KOFシリーズは伝統的に,コマンド技を入力してからボタンを押しっぱなしにすることで,つながる最速の1フレーム目からコマンド技が出るようになる入力方法がある.)

 

簡単にまとめると,

 

・通常技や方向キーにあった意図的な遅延はなくなりました.全ての行動が同じ規定の入力遅延のみを受けることになります(通常技のキレが良くなったのは気のせいではありません)

・規定の入力遅延は5.5Fで特別ラグいわけではありません

・同時押し認識猶予がなくなったので同時押し行動はシビアになりました

・画面の遅延とは別の議論です

・ネットコードとは別の議論です

・先行入力があります New!

 

という内容になっています.

もっと深いことについては私は有識者ではないので,より詳しい方の解説に任せることにします.

間違い,認識不足,言葉足らず等ございますようでしたら不勉強な身ですのでご指摘いただければ幸いです.

 

 

 

フワッとしたジャンプや始動が重いダッシュ(ただしキャラによる)はラグのせいじゃないんだぞ,仕様なんだぞということでもありますが….

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

稼働中 ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。