【KOF翻訳中毒】 2016年記事まとめ

早いものでもう2016年が終わろうとしております。今年開設しました、KOF関連の翻訳サイト、『KOF翻訳中毒』も中断することなく続けることが出来ました。ひとえに興味を持って下さった皆さま、そして海外サイトの記者たちのおかげであります。私自身は記者の方の成果物にちょっと味付けする程度の存在なので、少しでも面白い記事をピックアップすることに努めてまいりました。

個人的に年末の忙しい時期だったことと、他ゲームのアップデート等に紙面が割かれるゲームサイトが多く、いい記事が見つからなかったので、今年最後の記事はこのサイトの歩みを記していこうと思います。

“【KOF翻訳中毒】 2016年記事まとめ” の続きを読む

【翻訳記事】オロチナギ.com SNKが耳を傾けるべきはどのファン?

 

 

オロチナギ.comは翻訳者を殺しに来ている。

KOF XIV、バージョン1.10に関してGunsmith氏のペンが火を吹いた第2弾です。

今回は前回の記事からさらに議論が進み、KOF一斉調査のデータを反映させながら議論しております。これはよい取り組みです。

ただ、毎度のことながら、英文と理論の飛躍が激しい内容となっておりますので、以下のワードを忘れずに読んで下さい。

※以下の内容は一個人の意見です。

 

元記事:Which fans should SNK listen to?

“【翻訳記事】オロチナギ.com SNKが耳を傾けるべきはどのファン?” の続きを読む

【翻訳記事】オロチナギ.com 1.10パッチはKOF XIVには果たして少々遅すぎたのだろうか

バージョン1.10版のKOF XIVがPlaystation Experienceで公開されるということで話題になっています。

それに関して、オロチナギ. comが誇る暴走論客、Gunsmith氏がまたまた熱い記事を書いていたので、突貫で翻訳しました。

内容も英語も激しく、読みづらかったので今回は解説を付けております。

元記事:Too little too late for #KOFXIV?

“【翻訳記事】オロチナギ.com 1.10パッチはKOF XIVには果たして少々遅すぎたのだろうか” の続きを読む

【限定翻訳記事】カプコンカップ選手考察:GO1選手は“イチ”番であることを証明できるか

最初に釈明です。

この記事はブログ主の所属する関西コミュニティからカプコンカップへ出場する、GO1選手に関する記事を翻訳したものです。

気持ちとしては日本人選手の記事全てを訳したいところなのですが、カプコンカップまでの時間的制約もありますし、ブログの趣旨からもKOF XIVもプレイされているGO1選手を優先させてもらいました。どうぞご了承ください。(それゆえ、「限定」がタイトルに入っております。)

go1

※画像は元記事より転載

元記事:Capcom Pro Tour Player Analysis: Will Go1 Prove to Be #1?

“【限定翻訳記事】カプコンカップ選手考察:GO1選手は“イチ”番であることを証明できるか” の続きを読む

【動画翻訳】格闘ゲームにおける上達について

格闘ゲームの上達法というのは他のスキルほど共有されておらず、各々の経験ややりこみによって模索されてきました。折しも、今年夏に梅原大吾・著の『勝ち続ける意志力』が英訳されており、そういった議論も盛り上がっていました。

そこで今回は、以前の記事でも翻訳したCore-A Gamingの動画より、格闘ゲームの上達法に関するトピックを翻訳します。

動画中に出て来るドレイファスモデルに触れて書かれた記事としまして、キヨマツ氏のブロマガがありますのでそちらも是非読んでみてください。(この記事は元々、キヨマツ氏のブロマガに触発されて、翻訳することにしたものです。)

 

元記事:Analysis: Getting Better at Fighting Games

“【動画翻訳】格闘ゲームにおける上達について” の続きを読む

【翻訳記事】バランス調整:ストVとKOF XIVにおける正反対の調整哲学

格闘ゲームにおいて、常に話題に上がるのがバランス調整です。

バランス調整には様々なアプローチがありますが、この記事ではカプコンの『ストリートファイターV』と、SNKの『The King of Fighters XIV』の調整方針、哲学を比較して、その意図を探ろうとしています。

記事後の感想でも触れますが、ここに書かれている内容には元記事の執筆者の断定が多分に盛り込まれており、正確性を欠く部分や強引な議論も見られます。

しかしながら、2つのゲームの対比の構図には面白いところがあったので以下に訳しました。

元記事:Balancing Act: A Look at Street Fighter V and The King of Fighters XIV’s Opposing Balancing Philosophies

“【翻訳記事】バランス調整:ストVとKOF XIVにおける正反対の調整哲学” の続きを読む

【翻訳記事】ゲームセオリーと点心:シャオハイの語るトーナメントへのアプローチ

カナダカップでもKOF XIV優勝、ストV準優勝と最近気を吐いているシャオハイ選手。

そんな彼に点心を食べながらインタビューした記事がSyoryuken.comに掲載されています。

最近のトーナメントのグランドファイナルでの戦略、そして、シャオハイ選手の考えるトッププレイヤーのアプローチについて書かれた記事のほぼ全文訳です。

 

tensin 元記事:Game Theory and Dim Sum: Xiaohai Talks about His Approach to Tournament Play

by Corey “Missing Person” Lanier on November 8, 2016

“【翻訳記事】ゲームセオリーと点心:シャオハイの語るトーナメントへのアプローチ” の続きを読む

WordPress.com Blog.

稼働中 ↑